2019-11-16
カテゴリトップ>あなたの故郷の逸品
儒学者 楠本端山筆 漢詩 掛軸 幕末から明治 ◇【骨董品】  肉筆 長崎 肥前国平戸藩
製品仕様
商品名儒学者 楠本端山筆 漢詩 掛軸 幕末から明治 ◇【骨董品】  肉筆 長崎 肥前国平戸藩
寸法縦193cm 幅65.3cm
本紙 縦129.5cm 幅46.9cm
材質紙本墨書 肉筆 木軸
時代幕末〜明治
付属品合箱
一点のみ
状態時代を経た掛軸です。本紙に若干の剥脱と、薄い染みがございます。
ご注意事項・ モニターの発色の具合によって実際のものと色が異なる場合がございます。ご了承ください。
・ 骨董品でございます。年代相応の時代の汚れ・擦れ等はご了承ください。
・ その他、ご不明な点がございましたらお気軽にご質問下さい。
作家略歴
楠本端山  くすもと たんざん

1828−1883(文政11−明治16)
名を確蔵、のちに後覚、字を伯暁、号を端山。
楠本端山は肥前平戸藩の在郷藩士楠本忠次右衛門の長男として、肥前国彼杵郡針尾島葉山(現長崎県佐世保市針尾中町)に生まれました。
端山は弟の碩水と共に、「西海の大儒」と称された儒学者で、幕末から明治にかけての激動期に活躍しました。維新の英傑・坂本竜馬、西郷隆盛、木戸孝充をはじめ多くの志士に影響を与えました。




価格
150,000円 (税込162,000 円)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
3営業日以内に発送予定
残りあと1個です
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く